【2023年】今だけ!海外FXのボーナスキャンペーン>>

2023年|海外FXは違法・危険?それとも安全?

海外FXの違法性や危険について解説します。 海外FX

近年よく耳にするようになった海外FXは違法であり、危険なのでしょうか。今回は海外FXを利用した事がない方を対象に、海外FXに潜む危険性について解説します。また、本サイトの「海外FXトレンド」は、日本居住者を対象とした内容ではなく、海外FXに関する正確な情報を掲載し、情報を記録しているブログです。

グローバルな金融市場の発展に伴い、海外FXが日本居住者の中でもよく利用されるようになりました。しかし、海外FXには違法性はないのでしょうか。海外FXを始める前に、その適法性と潜在的な落とし穴を理解することが不可欠です。今回は、海外FXの違法性、海外FX取引の問題点、海外FX利用の潜在的な落とし穴、海外FXのメリット・デメリットを解説します。

海外FXの違法性

国によっては、海外FXの取引は違法ですが、日本居住者が海外FXを利用する事自体は法的に問題ありません。日本の中でも知名度があるブローカーはXMTradingですが、世界的に利用者も多く、トレード量も多いのがExnessです。金融庁から警告は出ていますが、あくまで海外FX業者に対して警告がでています。

一部の国では、海外FXでの取引を禁止する厳しい法律がありますが、日本では禁止されていません。国外で海外FXを利用する際には、現地で問題ないか確認が必要です。

海外FXの問題点

海外FX取引の最大の問題点は、利益が出た場合に、納税するまで必ず資金を残しておくことです。レバレッジが問題になっていますが、すべての海外FXブローカーでゼロカットが導入されており、利用者は問題と考えてはいません。ゼロカットとは、入金した額以上に損失がでないシステムです。その面では国内FXを利用するほうが危険であり、余剰資金でFXを楽しむ場合であれば、少額で海外FXを利用したほうが安全であり、娯楽としても楽しめます。

もう一つの問題は、海外FXのほとんどの業者が呑み行為を行っていることです。これは利用者が損失を出した場合には、海外FX業者の利益になり、利用者が利益を出した場合には、海外FX業者の損失となることです。一般的に、トレードは問題なくできて、約定もするため、問題ないように考えられますが、ほとんどの利用者が利益を出した場合には、資金の少ない海外FX業者だと出金拒否になる可能性があります。その面でも、本ブログ「海外FXトレンド」に掲載している海外FX業者の情報を確認する事が重要です。

海外FXを利用する際の注意点

海外FXを利用する際の注意点は、前文でも触れましたが、一部悪質なブローカーがいることです。税金面は、自身で資金管理を行い、残しておくことが必要であるため、海外FX業者の問題でないことは明らかです。また、海外FXの最大レバレッジは1,000倍~2,000倍であり、一部の業者では、口座残高が10万円以下に限り、21億倍のレバレッジを設定することができます。

また、比較的小さな初期投資で大きな利益を上げることができるのも海外FXの魅力です。国内FXでは比較的大きい初期投資を行う必要がありますが、資金に余裕がない人でも始めやすいのが海外FXです。

海外FXのメリット・デメリット

海外FXの取引にはリスクが伴いますが、海外FXトレーダーにとって魅力的なメリットもあります。海外FXの取引は柔軟性があり、最低入金額や取引ロットの上限が基本的に設定されていないため、資金に余裕のない人から資金に余裕のある人まで、多くのトレーダーがストレスなく利用することができます。海外FXでは、新規口座開設ボーナス入金ボーナスが実施されており、本ブログ「海外FXトレンド」では、とても多くのブローカーのボーナス情報を掲載しています。また、追証がないことも魅力的です。逆にデメリットは、納税分を残しておかないといけないことと、損失繰越ができないことです。

海外FXのまとめ

結論として、海外FXは大きな利益を受け取ることも可能ですが、その一方で入金を繰り返し、大きな損失を出してしまう可能性もあります。海外FXでトレードするには、資金管理はとても重要であり、税金の額も把握しておくことが重要です。海外FXを始める前の初心者の方は、海外FXと国内FXの違いについて理解を深め、潜在的なリスクについて理解しましょう。正しい知識と資金管理能力を身につけると、初心者としての第一歩です。

コメント