Everdomeとは?仮想通貨の中でも、2023年に流行るメタバース銘柄!!

everdomeとは?買い方や運営者について解説 仮想通貨

Everdomeはどうやって買うの?注目のメタバース銘柄|仮想通貨

Everdomeは、メタバースプロジェクトです。火星をモチーフとして、グラフィック性能の高いドーム型の近未来の街を作っています。

  • Everdomeは、メタバース銘柄です。
  • Everdomeを購入するには、海外仮想通貨取引所(OKX)を利用します。

Everdome(エバードーム)の買い方・購入方法

本記事では、Everdome(DOME)の買い方について解説します。Everdomeを購入するには、海外取引所のOKXを利用する必要があります。国内で購入したビットコインを海外取引所に送金を行い、OKXでEverdome(DOME)を購入しましょう。海外FXと同じように審査や口座開設手順は簡易的なものとなっています。下記手順です。

  1. 国内取引所で、BTCの現物を購入する(送金手数料無料のGMOコインがおすすめ)
  2. 購入したBTCを、海外取引所のOKXに送金を行う
  3. OKXでBTCを使って、USDTを購入する
  4. OKXでUSDTを使って、DOMEを購入する

Everdomeの時価総額

Everdomeの時価総額・トークン情報を確認しましょう。

CoinGeckoの2022年11月18日時点での時価総額
  • シンボル:DOME
  • スマートコントラクトアドレス:0x475bfaa1848591ae0e6ab69600f48d828f61a80e
  • Token Decimal:18

Everdomeの運営者

Everdomeは、Robert Grynを筆頭に運営が行われています。Codewiseの経営者であり、Financial Timesによると、ヨーロッパで2番目に急成長している企業です。本人のTwitterのフォロワーも既に11万人を突破しています。

Everdomeの運営はだれ?会社は?

他にもチームに参画しているメンバーはいますが、公式HPのホワイトペーパーから一部抜粋致しました。

Everdomeと切り離せないMETAHEROとは?

Everdomeでは、3Dスキャンをしてメタバース空間で遊ぶことができます。METAHEROは、3Dスキャンを行い自身をNFT化することができます。EverdomeのCEOであるロバートグリンは、MetaHeroのCEOです。海外FXや株取引を行っている方ならご存じかと思いますが、どの仮想通貨も世界情勢・米国金利に加え、ビットコインの価格に左右されるリスクはあります。ただし、メタバース銘柄の中でも、よりリアルを追求したメタバース空間が必要とされれば、EverdomeとMETAHEROの時価総額が高くなってくると予想されます。

Everdomeの土地で収益化できる事が想定されている

Everdomeでは、火星をモチーフとした都市が生成されています。まだ開発段階ですが、公式が投稿している動画を見ると、基礎部分は完成に近い状態です。今後、Everdomeに限らずメタバースのプロジェクトがどこまで進行していくのか未知数ですが、下記の収益化方法が予想されます。

  • 土地の売買による収益化
  • 保有している土地を貸して収益化
  • Everdome内で広告を行う

管理人は、Everdomeの土地を保有していますが、有名な企業がその土地を使って広告を検討している場合には土地を貸し出したいと考えています。OKXの口座開設方法は、関連記事でも確認できるのでぜひチェックしてください。

コメント